更年期対策

 

更年期対策におすすめなのが更年期サプリ

 

更年期サプリって普通のサプリメントと何が違うんでしょうか?
私たちのカラダに入るものですから、成分がどんな効果をもっているのかもちろん気になります。
更年期サプリに含まれているとする様々な成分の効果とその説明を致します。
自分に必要な成分が見つかったら更年期サプリランキングなどで実際に更年期サプリを探してみましょう。

 

更年期,サプリ,効果,対策,予防,成分

 

 

更年期サプリに含まれる有効成分 〜プラセンタ〜

 

プラセンタといえば胎盤を意味しますが、更年期サプリに使われるプラセンタといえば馬や動物から由来する胎盤を抽出生成したものです。
プラセンタは医療の現場でも用いられておりとても信頼性の高い成分です。
プラセンタの有効成分が、女性ホルモンの乱れからなる自律神経の乱れを調整する働きがあるといわれています。

 

更年期にお悩みの方以外にも、きれいになりたいすべての女性に効果のある成分であると思われます。
自律神経の乱れを調整することができれば、更年期が原因によるかっとカラダが熱くなるホットフラッシュや不眠にも効くのではないでしょうか。
また自律神経の調子がよくなることで気分も安定すると思われます。

 

参考HP 更年期障害 プラセンタ治療法 「医療法人社団愛信会 小倉到津病院」

 

 

更年期サプリに含まれる有効成分 〜大豆イソフラボン〜

 

女性ホルモンに含まれているエストロゲンは40代の更年期を迎える頃から少しずつ減り始めます。
エストロゲンには血中のコレステロール値を正常に保つ働きや骨密度を保ち骨が丈夫な状態を維持するという美容だけでなく健康上でも大切な効果をもっています。
更年期の時期といわれる40代からこのエストロゲンが減ることで精神的にも肉体的にも色々な不調が出てくるようになります。

 

更年期でもなお身体に不可欠なエストロゲンを維持する為に効果が期待されているのが大豆イソフラボンです。
豆腐や納豆そして味噌や醤油などの大豆食品に多く含まれている大豆イソフラボンはエストロゲンによく似た構造をもった物質が多く含まれていて
食事で摂取した大豆イソフラボンはからだの中でエストロゲンに似た働きをしてくれると期待されています。

 

大豆イソフラボンは更年期によるエストロゲンの急激な減少で起こる様々な不調だけでなく更年期以外の心疾患やガンのリスクを軽減してくれるそうです。
大豆イソフラボンのその他の効果は悪玉のコレステロールを減らしてくれたり骨密度の減少を防ぎ骨粗しょう症予防の効果もあるとそうです。
一般人の大豆イソフラボンの推奨摂取量は1日あたり40mg〜50mgが望ましいとされています。
摂取する効果的な方法は更年期サプリ以外にも納豆ご飯や豆腐の味噌汁、豆乳鍋や豆乳を使ったフルーツスムージーといった色々な食べ方があります。

 

参考HP 大豆製品の有効性 「独立行政法人 国立健康・栄養研究所」

 

 

更年期サプリに含まれる有効成分 〜ぶどう種子ポリフェノール〜

 

ぶどう種子ポリフェノールで更年期に効くワケはその高い抗酸化作用にあります。私たちのからだは金属と同じように酸化によって錆びていきます。
からだの中にある活性酸素という物質が活発化するとその分だけ酸化が進みそれが老化につながります。
ぶどう種子ポリフェノールにはその活性酸素を阻止するパワーをもっていて私たちが本来持っている細胞の若々しさを保ち活力を与えてくれます。

 

 

ぷどう種子ポリフェノールに含まれる成分の中でもプロアントシアニジンという成分が最も抗酸化作用を期待できるそうです。
名前の通り果物のぶどうをはじめぶどうを加工した食品にぶどう種子ポリフェノールが多く含まれています。ジャムやワイン等が一般的な食品です。
更年期障害の予防として食後にぶどうを食べたり食中にワインを飲むというのが効果的な予防になると言われています。
ワインはアルコールなので飲み過ぎによる他の疾病リスクを上げないよう飲み過ぎに注意して適量を守るようにしましょう。

 

 

更年期サプリにも含まれているぶどう種子ポリフェノールには抗酸化作用だけでなく血液をサラサラにしてくれる働きがあることがわかっており
生活習慣病の予防やむくみ、そして疲労回復といったデトックス効果や腸内環境を整えてくれる効果など良いことが沢山あります。

 

 

ポリフェノールといえばコーヒーや緑茶そしてトマトジュースやココアといった飲料からも摂取できますがその中でも高い抗酸化作用があるのが
ぶどう種子ポリフェノールであることに注意してください。同じポリフェノールがとれる食事でも効果が異なる可能性が高いです。
最近ではぶどう種子ポリフェノールの更年期障害に対する効果の研究で抑うつ症状や不安、不眠症状といった症状に改善の効果があったといわれています。

 

参考HP ポリフェノールと健康について 「山梨大学大学院医学総合研究部」

 

 

更年期サプリに含まれる有効成分 〜葉酸〜

 

葉酸は更年期の方だけでなく妊婦やお腹の中の赤ちゃんの健康にも良い成分であるとしてお子様を身ごもった女性の間でブームになっています。
葉酸はセロトニンの分泌量を増やしてくれる効果があり精神的なストレスをやわらげてくれる力があります。
うつ状態の方の半分以上の割合で葉酸不足が原因であるケースが多くみられたこともあったようです。

 

 

更年期で悩む方には葉酸に含まれるホモシステイン物質をメチオニンに分解してくれます。
ホモシステインは動脈硬化の原因ともいわれており更年期の不調の原因の一つである動脈硬化の予防に効果的です。
そしてメチオニンは血流をサラサラにする働きや血中コレステロールを下げたりするので肩こりや脳卒中や心疾病のリスクを下げる効果があります。

 

葉酸はビタミンBの一種であり研究の最中ほうれん草の中から見つかった健康成分です。ほうれん草の他にもブロッコリーやモロヘイヤのような
緑黄色野菜に多く含まれています。葉酸をとりいれる上での注意点として葉酸は加熱によって壊れやすい成分なので、
食事でとる場合は生野菜サラダや海鮮類で葉酸を含むイワシやうにを刺身等の生の状態で食べることが効果的です。

 

海鮮類の生食は食中毒や寄生虫のリスクがありますから保存に気を付けて新鮮なものを召し上がってください。
日頃の食事でとることが難しい葉酸は更年期サプリ等で取り入れるのが効率的でおすすめします。

 

参考HP 葉酸認知率とサプリメント内服率の変化 「厚生労働省 難治性疾患克服事業 葉酸普及研究会」

 

 

更年期サプリに含まれる有効成分 〜乳酸菌〜

 

乳酸菌は大きく分けて2種類動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。皆さんがよく食べているヨーグルトやチーズは動物性乳酸菌です。
植物性乳酸菌の含まれている食品はキムチのような漬物や味噌があります。植物性乳酸菌は動物性乳酸菌よりも胃酸や消化液に強く
健康に良い有効成分がからだに届きやすいと言われています。植物性乳酸菌の中でも期待されているのがラブレ菌です。

 

 

ラブレ菌は更年期に現れる便秘症状や冷え性、肩こりそして腰痛を改善するのに効果があります。
植物性乳酸菌は日本人の食生活では多く含まれており日本人の体質にピッタリだと言われています。
植物性乳酸菌によって腸内がキレイになると善玉菌が増えるので悪玉菌の活躍する場所がなくなっていきます。
長寿な方の共通点として腸内がキレイであることを条件であると考えている学者もいます。

 

 

植物性乳酸菌で腸内がキレイになると風邪やウイルスによる病気にたいする免疫力と抵抗力がアップしますし新陳代謝もよくなるようです。
更年期の不調はホルモンの乱れが原因ですからからだの健康を保つことでホルモンバランスが乱れにくいからだしていくことが大切です。

 

参考HP 腸内細菌が健康寿命を決める! 国立研究開発法人理化学研究所 イノベーション推進センター

 

 

更年期で辛いという方はまず食事バランスのチェックから始めましょう。

 

更年期,サプリ,効果,対策,予防,成分

 

更年期の不調を整える食事を少しずつバランスよく取り入れると同時に今までの食生活を見直していくことが大切です。
外食や便利なコンビニ弁当やレトルト食品ばかり取らずに3食自炊するような心がけがあなたの更年期も楽しくしてくれます。